• このエントリーをはてなブックマークに追加

ひどくなる前に、種類も豊富な鼻水吸引器で問題解決

大人であれば、風邪をひいた時や花粉症で鼻水が止まらない時、ティッシュで鼻をかむことも問題ありません。しかし、小さな子どもや赤ちゃんの鼻水が止まらない場合、まだ上手く鼻をかむことが出来ないため、垂れ流すことになるか、もしくは無意識に鼻をすすることになるでしょう。
鼻水が垂れているのは見た目にもよくないですし、鼻呼吸が難しいために、本人もつらそうになります。また、鼻を頻繁にすするというのは、もっと深刻な症状を引き起こす可能性もあるため、早急に対処する必要があります。
風邪の引きはじめなど早めに対処するためには、自宅でも簡単に鼻水のケアが出来る鼻水吸引器をひとつ準備しておくことが便利です。鼻水吸引器の種類には、手動のものと電動のものがありますから、予算に合わせて使いやすい種類を選ぶといいでしょう。

鼻水が引き起こす深刻な病気とは

鼻水の症状は、小さな子供に限らず大人でもごく一般的に起こる症状です。そのため、たかが鼻水と考えがちですが、鼻水を放置しておくことは深刻な病を引き起こす原因にもあるのです。
鼻水の中には、細菌が多く含まれています。例えば、その鼻水の細菌が耳の奥にある中耳に入って炎症を起こすと、中耳炎になります。他にも鼻の奥にある副鼻腔に炎症を起こすこともあります。副鼻腔炎がひどくなると、蓄膿症に発展する可能性もあり、さらに深刻です。
蓄膿症は味覚や嗅覚を失ったり、集中力が低下したり、頭痛を引き起こしたり、ときには髄膜炎など脳に影響を及ぼすこともあります。
こうした症状は、鼻水から始まることが多いため、なるべく初期の段階で鼻水を吸い取ることが有効なのです。そこでなるべく使いやすい鼻水吸引機を選ぶことが大切になってきます。

手動タイプと電動タイプ、それぞれのメリット

最も安価で手に入れやすいタイプは、口で吸うタイプです。赤ちゃんの鼻にチューブの先端を押し付け、大人が吸い口から吸い込むことで鼻水を吸引するものです。吸い込む力加減の調節が出来、初心者でも扱いやすいのが特徴です。
それ以外にも、スポイトのように手で鼻水を吸引するタイプもあります。直接口で吸うわけでないため、衛生上も安心です。
なるべく短時間でしっかり吸引したいということであれば、電動タイプがおすすめです。乾電池を使用するタイプは、小型で持ち運びも出来るメリットがあります。病院で使用しているものと変わらない性能を持った電動鼻水吸引器もあります。大人でも使用できるため、鼻水の症状が頻繁に出る家庭にはメリットが大きいものです。電動タイプは価格もそれなりにしますが、その分吸引効果も高いのが特徴です。

赤ちゃん向けの電動鼻水吸引器です。パワフルな吸引力で、病院に行かずに自宅で手軽に鼻水吸引が可能です。 多くの医師からも、しっかり自宅での鼻水吸引ができるように薦めていただいている鼻水吸引器です。 小児科医や耳鼻科医が支持される理由は非常に強力な吸引力!是非一度お試しくださいませ。 洗いやすく、部品が少なく、デザインがおしゃれな商品です。 家庭に一台鼻水吸引器