• このエントリーをはてなブックマークに追加

最初に購入する鼻水吸引器ならスポイトタイプ

赤ちゃんの鼻水吸引器には、電動タイプ、口で吸うタイプなどさまざまなタイプがあります。 そのなかでも、スポイトタイプは、もっとも価格が安く、吸引方法も簡単な鼻水吸引器です。赤ちゃんの鼻水が気になるときに、最初に購入するのにちょうどよいでしょう。 このタイプは、先端に細長いノズルがついています。ノズルを赤ちゃんの鼻腔に挿入して、スポイトの本体部分を手のひらで握ったり放したりしながら、空気圧の差を利用して鼻水を吸い取るしくみです。ノズルの先端は柔らかいため、鼻の粘膜を傷つける心配はありません。手のひらでちょうど握りやすい大きさに作られており、外出のときにもバッグにいれてお手軽に持ち歩くことができます。また、ノズルの先端にはキャップがついているので、衛生面にも配慮されています。

お風呂や蒸しタオルで鼻水を柔らかくするのがコツ

スポイトタイプは、電動タイプや口で吸うタイプにくらべると吸引力が弱いため、使用するときにコツが必要です。 鼻水に粘り気があると、吸い込みづらくなるため、お風呂上がりなどの体温が上昇しているときに使用するのも、そのひとつです。体温が高いときは、鼻水も柔らかくなり、吸引しやすくなります。また、蒸しタオルで鼻や口元を温めてから吸引するのも効果的です。ただし、蒸しタオルを熱くしすぎて、赤ちゃんが火傷しないように注意して下さい。 使い始めて間もないうちは、鼻の中に異物を入れられるのを嫌がって、むずがったり、顔を動かしたりすることがあります。慣れるにしたがっておとなしくはなりますが、しばらくはお母さんも忍耐が必要です。 それから、赤ちゃんが風邪をひいているときに使用すると、風邪のウイルスがお母さんに感染ってしまうことがあります。お母さんは、吸引したあとに必ずうがいと手洗いを徹底しましょう。

使用後のメンテナンスが大切です

スポイトタイプは、使用後に簡単に、水道で水洗いできるのが魅力です。ノズルを取り外して、本体を水道水で洗い流します。鼻水のなかには、さまざまな種類の雑菌がいるので、使用後すぐに掃除する習慣をつけましょう。洗ったあとは、ティッシュなどで水分を拭き取って乾燥させるだけ。ノズル部分は綿棒をつかって水分を吸収すると、早く乾燥します。 スポイトタイプの鼻水吸引器は、ドラッグストアやネット通販などで購入できます。実売価格は500円から1000円ほどです。さまざまなメーカーから、いろいろな商品がでているので、大きさや口コミの評価、価格などを考慮して選ぶとよいでしょう。サイズが大きいほうが、吸引力が高くなるため、使い勝手は良い傾向があります。細い形状のコンパクトなタイプは、持ち運ぶときに場所をとらないので便利です。